カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

Let's Noteの最近のブログ記事

2年ほど前に買ったデスクトップPCが当時としても最低スペックだったこともあり、そろそろ買い替えを検討していましたが先日遂に新しいパソコンを購入しました。

普通ならデスクトップPCの代替はデスクトップなのですが、今回は思うところあってLet's Noteになりました。

Let's Noteの特徴は、モバイルPCだけどメインPCとしても必要十分な性能の高さ、長いバッテリー持続時間、軽さ、ノートパソコンとしては高速な部類に入るハードディスクなどですが、さすがに動画編集や高解像度画像編集などには向いているとはいえません。

ただ、MindManagerを活用して自分の仕事スタイルを再検討したところ、それほどハイスペックなパソコンは必要ないことがわかったのと、あとは自分の夢のワークスタイルを実現するためにLet's Noteへの移を決心しました。

今使っている机の天板が黒いこともあり、標準ジェットブラックの天板を持つLet's Note W8ブラックモデルを机に置くと、なんだか黒いものに囲まれてしまっている気がするのですが、キーボードとボディが同色だったりして、シルバーモデルのLet's Noteより高級感があります。

以前にもLet's Noteの新製品発表会のレポートをしたときに記事にしましたが、やはりブラックはかっこよいです。

直販サイトでカスタマイズして購入するつもりだったのですが、標準モデルでも十分なことがわかったので、今回は楽天でお店を探して購入しました。

モバイルパソコンをメインPCにする利点は、カフェで仕事をしたりといったものもありますが、旅行先など、たとえば数週間海外に滞在しながら仕事をしたいときなど、リモートで仕事ができる環境は非常に便利です。

海外での滞在や仕事への活用には英会話やフランス語(好きなリゾート地はたいていフランス領)といったものも必要になりますが、そちらも実はちゃくちゃくと準備を進めていたりします。

ちなみにLet's Noteは自宅では19インチワイドディスプレイやキーボード・マウスをつなげてデスクトップ同様に使っているので非常に快適です。

時間があれば、そのうち各ツールの使い心地をレポートをしたいですね。

関連リンク:
Let's Note ブラックモデル
MindMap作成ソフト
 

パナソニックが12月10日から楽天市場に公式直販店をオープンしました。

それを記念して、12月17日(木)までレッツノートT7 法人向 システムモデルを99,800円で販売するキャンペーンを実施中しています。

インテルCore Duoプロセッサー、GM965チップセット、5400回転の120GBハードディスク、12.1型(1024x768)のXGA液晶、メーカーの3年保証もついて、重さは1.05kg。

最新型のT8ではなく前モデルとなるT7ではありますが、中古PCなどではなくメーカーの公式ショップで買える商品でこの価格は驚きですね。

UMPCと同程度の重さ、10万円以下の価格でこのスペック。
私ももう一台レッツノートが欲しくなってしまいました(笑)

レッツノートT7(CF-T7DC6DAS) 販売ページ
レッツノートT7(CF-T7DC6DAS) 仕様詳細(メーカーページ)
d081011a.jpg満足度・愛着度が高いレッツノート
いくらまでなら「高い」と言われない?


2008年版・パソコン満足度ランキング(日経パソコン実施)で、Panasonicのレッツノートが第1位となっていました。

性能/機能(バッテリー駆動時間や本体の重量・サイズなど)、そして操作性の2項目でダントツのトップのほか、サポート体制が評価されたことで総合的に満足度が1番高かったそうです。

しかし皆さんもご存知の通り、レッツノートは高いんです(笑)
今回の満足度調査でも、唯一「コストパフォーマンス」の項目で平均を下回りました。

性能/機能・操作性が他社の製品よりいいけれど、値段が高い。
そこが欠点だというのです。

d081010a.jpg容量が少なくても選ばれる理由とは?

HDDに比べて破損しにくく、アクセスも高速なことから、モバイルノートPCに最適なSSD(フラッシュメモリードライブ)。
一方でドライブが高価なことから、HDDに比べて低容量にもかかわらず、SSD搭載モデルの販売価格は高くなっています。

にもかかわらず、Let's Note Rシリーズのプレミアムモデルでは、HDDモデルよりSSDモデルの方が売れているそうです。

その理由にはどんなものがあるのでしょうか?

d081009a.jpg脱「モバイルPCの常識」
高速+大画面のLet's Note F8


モバイルノートPCでは、処理能力を抑え、バッテリー駆動時間を優先した低電圧のCPUを搭載するのが一般的です。

しかし今回発表されたLet's Note F8では、ユーザーの「もっとパフォーマンスの高いモバイルノートPCが欲しい」という声に応え、低電圧ではない通常版のCore DUOプロセッサーSP9300を搭載しています。

また、デスクトップの代替として利用しているユーザーの声、「もっと広い画面のモバイルノートが欲しい」という声には14.1型ワイド(WXGA+)画面を搭載することで応えました。

それにもかかわらず、駆動時間9時間、質量約1.62kgという軽量化を実現したLet's Note F8はどのようなユーザーが利用することになるのでしょうか?

d081007a.jpgノートパソコンに求められる機能

Let's Noteシリーズではじめて搭乗されたハンドル付きのノートパソコン、F8。
ハンドル付きのノートパソコンなんて、いったい誰が求めたのでしょう?

ここでは、ノートパソコンに関するユーザーアンケートの結果を見ながら、F8の探る新たな可能性を考えてみたいと思います。

d081006a.jpgジェットブラックの本体が選べる!

これまでプレミアムエディションでしか手に入らなかったジェットブラックのボディ色が、「マイレッツ倶楽部」の通常モデル(W8/R8)でも選択可能になった。(ただし店頭モデルでは従来どおりシルバーボディのみ)

プレミアムエディションは専用カラーのジェットブラックと、より大容量のHDDやフラッシュメモリードライブが搭載されており、20万円代後半から30万円代という高額なモデルだった。

今回、このジェットブラックが「マイレッツ倶楽部」の通常モデルで選択可能になったことで、これまで「黒いレッツノートはカッコイイから欲しいけど、高いよなあ」と買い控えていた人にも手の届く範囲となったかもしれない。

d081005a.jpgLet's Note F8が店頭より安い?
サポートも充実「マイレッツ倶楽部


アタッシュケースみたいな形をしていて、もしかしたら往年の007ファンが喜びそうなハンドル付きモバイルノートのLet's Note F8。
前回の記事を書いてから気になっていたので、ずっとマイレッツ倶楽部などで情報収集をしていました。

F8は今回Let's Noteシリーズに仲間入りした全く新しいモデルですし、市場価格などが気になります。

そこで価格コムなどで売価を調査していて面白いことに気づきました。
今回のF8の最安値は量販店ではなく、高いと思っていた「マイレッツ倶楽部」なのです。

d080925a.jpgLet's Noteシリーズ全モデルのナンバーがついに「8」となる、2008年・冬モデル。

モデル一覧が、Y7 W7 T7 R7 となっていたものが、
Y8 W8 T8 R8 となっているのを見るのはなかなか気持ちがいいです。

さらに、今回は見慣れないものがひとつ・・・

「F8」

なんですか?
F8って。
右の写真のモデルみたいなんですが。

マイレッツ倶楽部で<Let's Note>と新規で<イー・モバイル>の「スーパーライトデータプラン(にねん)」を申し込むと、イーモバイル端末(D02HW/USBタイプ)費用が無料になり、さらに30,000円キャッシュバックされるキャンペーンが始まっています。

このキャンペーンの対象になるためには、

1.2008年7月16日以降にマイレッツ倶楽部でLet's Note夏モデルを購入
2.マイレッツ倶楽部で、新規でイー・モバイルの「スーパーライトデータプラン(にねん)」を申し込む
3.イー・モバイル開通

以上の3つの条件をクリアすればOKです。

マイレッツ倶楽部・2008年夏モデルのLet's Noteは水にも落下にも強いボディはもちろん標準、Windows XPが選べたり、ネームプレートが無償でつけられたりする他、様々なカスタマイズに対応しています。

イー・モバイルの「スーパーライトデータプラン(にねん)」は、使った分だけ従量料金(2,000円~5,980円)のプランです。

Let's Noteにイー・モバイルを組み合わせて利用されている方は多いと思いますが、これからLet's Noteモバイルデビューされる方には美味しいキャンペーンですね。

「Let's Note+イーモバイルで30,000円キャッシュバックキャンペーン実施中」
レッツノート直販サイト「マイレッツ倶楽部」

Let's Noteに関する記事をもっと読む

関連ページ:
イーモバイル パケットサイズを知ってプランを選ぶ
通信量を測定してイーモバイルのプランを選ぶ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちLet's Noteカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはLUMIXです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。