カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

Webサービス・ソフトウェアの最近のブログ記事

WMVファイルをMacで見たい。
DRMプロテクトされたWMV動画をMac用に変換できないの?

そんなことが可能になるソフトがTunebite7です。

コンテンツ制作用のMacBookの使用頻度が高くなるにつれ、Windowsの資産をMacでも活用したくなってきます。
持っているノートパソコンは液晶画面がそれほどキレイではないし(逆にMacではコントラストが高すぎるような気がしますが)、ビジネス向けなのでスピーカーはモノラルで細い音しか出ないので、MacBookで動画が見れればと思っていました。

そんなときに見つけたのが「Tunebite8」。
Windowsの画面上で再生される動画をほぼ完璧に録画できてしまうソフトです。
たとえばWindows上でWMVの動画をメディアプレーヤーで再生しながらTunebiteでMP4形式で録画。
録画した動画ファイルをMacに持っていく。
なんてことが簡単にできちゃいます。
しかも1世代前の超低電圧版CPUを搭載したレッツノートでも、mp4形式ならほとんどコマ落ちしないで録画できました。

普通、動画変換や録画にはハイスペックなパソコンを必要としますが、このソフトではハードウェアの性能に頼らない「2パスエンコーディング」という技術を使って高速・高画質な録画ができるようになっているようです。

ちなみに録画できるのは動画だけじゃなく、パソコンで聞くことのできる音声もmp3ファイルなどに録音できます。
パソコン上で聞いたり見たりすることができる音楽/ビデオファイルであれば、それがどんな形式でも、ブラウザ上で再生されるものであっても、コピープロテクトがかかっていても(・・・)、録音や録画ができるということですね。

使い方もカンタンなので、動画で説明してみます。



(動画内のスクリプト)
それではTunebiteの録画のテストをしてみたいと思います。
Tunebiteは画面上に表示された動画をカンタンに録画できるソフトなんですが、こちらがTunbebiteの画面です。

こちらのキャプチャボタンを押して録画領域の設定ボタンをソフト、録画する範囲を指定する青い枠が表示されます。
この枠は自由に大きさを変えられます。
あとは動画が再生される範囲においておけば、録画開始ボタンを押したときに画面上の動画を録画することができます。

動画が終われば自動的に録画は停止しますが、途中で止めたい場合は録画停止ボタンを押します。
するとTunebiteの画面に先ほど録画したファイルが表示されますので、ファイル名をダブルクリックすると録画した動画が再生されます。

フォルダを開くとMP4形式の動画ファイルとして保存されているので、Windows Media Playerなどの動画プレイヤーで再生することができます。

録画するファイルの形式はTunebiteの設定画面で自由に選ぶときができ、mp3(音楽の録音の場合)、wmv、mp4、aviといったフォーマットで動画を録画(保存)することができます。




(動画内のスクリプト)
Tunebiteの機能を使うことで画面に表示された動画をすべて録画することができますから、たとえばWindowsでプロテクトがかかった動画を再生・録画してMacに持っていくことができます。

Macだとwmvファイルを再生するのにFlip4Macといったソフトウェアをインストールする必要がありますし、特にプロテクトのかかったファイルは現状Mac上で再生する方法がないのですが、TunebiteでMacでも再生できるmp4形式などで録画してMacに持っていえば、そのまま再生することが可能です。

また、自分で持っている動画ファイルにしても、たとえば別のフォーマットに変換したい場合でも様々なコンバージョン用のソフトウェアを見つけてインストールする手間をかけないでもmp4などの一般的な形式に落とすことができます。

カンタンなコンバージョン用ソフトとして活用することもできますね。
普通、動画ファイルを扱う場合ハイスペックなデスクトップパソコンを必要とするイメージがありますが、Tunebiteであればそれほど性能が高いとはいえないノートパソコンでもコマ落ちせずに録画することができたりします。
WMVファイルに落とそうとすると若干コマ落ちしますが、mp4形式であればコマ落ちのない高画質な動画として保存することができます。

自分で著作権を持っているもの以外で録画・録音したファイルの取り扱いにはくれぐれも注意する必要はりますが、活用のしかた次第ではすごく便利なソフトだと思います。

Tunebiteの詳細はこちら

ロゼッタストーン スペイン語

スペイン語と聞いて必ず連想してしまうのが、トム・クルーズ、ペネロペ・クルス主演の映画「バニラ・スカイ」。

この映画はスペインの「オープン・ユア・アイズ」という映画のリメイク版なわけですが、ヒロインはどちらもペネロペ・クルスが演じているという、ちょっと変わった関連性を持っています。

リメイク版でトム・クルーズ演じる主人公が、「これまで意識さえしていなかった、持っていて当然のもの」を失ったことで、残酷なまでの絶望の淵へと落ちていく姿。

そして、主人公に優しく語り掛けているようでもあり、冷たく突き放すようでもあり、ずっと何かを語っているようなペネロペ・クルス演じるヒロインの姿が、とても印象的な作品でした。

正直なところ、スペイン語と聞くとどうしてもこの映画のヒロインの姿が重なってしまい、ちょっとセンチになってしまいます。

聞くところによると、スペイン語はインターネットで英語と中国語につぐ第3の言語であり、ネット人口全体の9%にあたるとか。(参考:Top Ten Internet Languages)
インターネットを駆使した情報収集など実用的な面でも、スペイン語は一役買うかもしれませんね。

さて、僕自身はスペイン語といえば「オラ(Hola)」しか知らないわけですが、はたして「ロゼッタストーン スペイン語」の画像と音声だけを使う、母国語を一切使わないレッスン方法でスペイン語を話せるようになるのでしょうか?

ロゼッタストーン英語版(アメリカ)についてはこのブログでもレビューしましたが、英語版での学習はそれほど不安はなかったんですよね。
でも今度は全く知識のないスペイン語です。

はたしてどうなることやら。

(2009/9/9追記)
スペイン語会話はロゼッタストーンではじめます」ブログはじめました。

オフィス2007になってdocx,xlsx,pptx形式に変わってしまい、変換しないと開けなくなって不便を感じていました。

しかし最近になって、オフィスソフトというのは何もマイクロソフトが起源というわけではなく、単にシェアが高いだけで、互換性のあるソフトは他にもあることを知りました。

初期バージョンでは「これってフォトグラファーとかデザイナーの作品発表サイトしか作れないのでは?」という印象も多少あったBiNDですが、久しぶりに 公式サイトを覗いてみたらバージョンが2.51となり、かなり使えそうなツールに仕上がっていたので思わず"衝動買い"してしまいました。

以前から欲しかったんですが、ついに入手しました。
日本では開発不可能と言われていた(?)、ハイテク英会話ソフト「ロゼッタストーン」を。
 

ロゼッタワールド1

 

LogMeInフリー3月3日にBIGLOBEが発表した「LogMeIn」との提携。

そしてその提携を受けて提供を開始した「LogMeIn PRO」は、月額1,700円、年額制で9,400円で、中小企業向け中心のサービスとなる模様。

そのLogMeInのフリー版「LogMeIn FREE」がこちら。
自宅のPCにリモートでアクセスし、ブラウザから自宅のPCのデスクトップを操作できます。

マニュアルが英語なんですが、だいたいの使い方は、

1.LogMeInアカウントを作成。
2.リモートコントロールされる側のPCにソフトをインストール(リモートする側には必要ない)。
3.LogMeInのホームページから必要なパラメータを入力して、リモートPCにアクセス。

といったところ。

リモートされる自宅PCは常に電源が入っていることが必要になりますが、
外出先から操作できる感覚は、一度体験してみると快適です。

LogMeIn FREE

MindManagerを購入したワケ

お金を出すのが惜しくてMindomoなどのフリーのマインドマップ作成ソフトを使っていましたが、先日とうとうMindManagerを購入しました。
結局買うなら早く買えば良かったと思っても後の祭り(足掛け3年という時間を無駄にしたかも!?)。

でも、今は購入を決意して本当に良かったと思っています。
なぜなら、「購入を決意」し、「お金を出すならしっかり元をとらなくちゃ」って頭を働かせたことが、本当の意味で仕事の効率アップにつながったのですから。

あまり自慢できる結果ではありませんが、面白いシステムだったので書き留めてみます。

英語コミュニケーション能力測定テストのCASEC(キャセック)をやってみました。

英語レベルの判定テストとして一般的なTOEICは2ヶ月前から申し込んで試験会場に向かい、2時間みっちりテストに集中するハードなものだけど、CASEC(キャセック)ではインターネット上で申し込んでその場で試験ができ、試験時間も30分~40分と短いです。

にもかかわらず、TOEICや英検と同じくらいの精度を保てるのは、「受験者のレベルを判定してリアルタイムに出題レベルを上下させるシステム」のおかげらしい。

以前紹介した動画編集ソフトのカムタジア・スタジオ

パソコンでのソフトウェアの操作など、スクリーンキャプチャした動画だけにズームやパンができるのかと思っていたら、デジカメで撮影した動画にもズームができました。

デモに使っている動画はタブレットPCレビューで使用した動画ですが、ペンや指での操作を記録したかったので、スクリーンキャプチャ動画でなくデジカメ撮影が適切な場面です。

元の動画がズーム範囲に応じた適切な解像度を持っていないと、ズームしても意図した効果が得られないという問題はあります。

実際、デモ動画でも"パソコン"という手書き文字をテキスト変換した後の文字は拡大しても識別不能で、その部分を見せたければ撮影時の動画解像度を上げる(デモ動画は640x480で撮影)かアップで撮影しなければなりません。

しかし、こうしたデジカメ動画でも必要な場所にズームが出来るというのは、プレゼン用動画編集ソフトとしては強力なツールですね。

それにしても、
メチャかっこいいんですけど・・・

動画を本格的にやるときは買うことにします。

Camtasia Studio ズーム・デモ


カムタジア・スタジオについての詳細
動画キャプチャーで強力プレゼンテーション(Camtasia Studio)

d081229a.jpgHP Pavilion Notebook PC tx2505/CTの実機をお借りすることができました。

まずは早速タブレットPC向きのアプリケーション「iMindMap」を試してみました。

考えてみれば、僕はWindows VistaもタブレットPCもほとんど初めてなので、これまた初めてのアプリケーション「iMindMap」をレビューするというのは無謀な話でした。

このPCをお借りしている期間もあまりないので、やりたいことのつまみ食い的なレビューとなりそうです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちWebサービス・ソフトウェアカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはRICOHです。

次のカテゴリはエイサーです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。