カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

無料サービスの最近のブログ記事

無料で使えて高機能 オンラインマインドマップツール Mindomo

本サイトでは、複数のパソコンを使っている人がどのパソコンでも快適に作業できるように、オンラインで使えるツールやデータの同期についてのTipsを紹介してきました。

今回はオンライン上のマインドマップMindomoを導入して、アイデア思考ツールをいつでもどこでも使えるようにしてみてはいかがでしょうか。

パソコンにインストールして使うマインドマップソフトとは違う活用法が見つかるかもしれません。

Webベース(Flash)アプリケーションですが、動作が安定しているのでこんなに大きなマインドマップも安心して作成できました。
d080825a.jpg



Remember Everything.
EVERNOTE


EVERNOTEとは、強力なメモツールです。
あらゆる"気になるもの"を貼り付けておけて、いつでも好きなときに取り出せます。

Webページクリップを保存・編集できることはもちろん、携帯電話やデジカメで撮影した画像(ワインラベル・走り書きのようなメモ・ホワイトボード・名刺など)内の文字までOCR機能を使って検索できたり、タグ付けによってすべての情報を整理する機能を備えています。


これまでの情報保存ツールの問題を解決

この手の情報保存ツールは、多くのデータを詰め込めば詰め込むほど、必要になったときに取り出すことが難しくなっていきます。
しかしEVERNOTEでは、そのような不都合を全く感じさせません。

上記のデモムービーを最初に見たときは、思わず声を上げてしまいました。
強力な検索機能に驚いてしまったからです。
特にデモムービーはMacで作成されているため、検索に連動してアイコンが現れたり消えたりする動きは感心してしまいます。

EVERNOTEはオンライン・オフラインの両方で使うことができ、複数のパソコン間でデータをシンクロして使うことができます。
つまり、自分が所有するデスクトップPCでもモバイルPCでも、PDA(iPhoneにももちろん対応)でも、ネットカフェのパソコンだろうと同じように使えるのです。


今後の対応を強く望むこと

ほとんど無限とも言える可能性を秘めたメモ・ノートツールなのですが、ただひとつ重大な欠点があります。

EVERNOTEは「日本語での検索に対応していない」のです。

「ええ!?、そんな」

集めたWebクリップ内の日本語文字列検索がちゃんとできないのはもちろん、画像のOCR検索にも対応していません。
日本語文書を保存したり編集することは問題なくできるので、検索だけできないことが残念です。
もしこれが出来るようになったら、日本での利用者も爆発的に増えると思うのですが。

しかし、これだけ強力なツールが無料で使えるというのはすごいですね。
大容量のプレミアム版は有料ではあるものの手ごろな価格だし、このツールが本当に必要な人にとっては全く惜しくない対価であると思います。

それにしてもEVERNOTEはいつ日本語検索に対応するのでしょうか。
日本のどこかの企業が製品版として販売することを前提に名乗りを上げるまで対応しないのでしょうか?
それとも?

今後の動向が気になります。

EVERNOTE

Evernote。Eye-Fiとのパートナーシップを発表。(2008/12/10)

Googleマップ・ストリートビューGoogleマップが日本でもストリートビューに対応したということで早速遊んでみました。

対応しているのは東京を中心とした首都圏だけかと思ったら、札幌、小樽、函館、仙台といった地区にも対応地域があるんですね。


ストリートビューとは?

ストリートビューは、自動車でドライブしているかのように道路上を行き来したり、360度回転したり上を見上げたりすることのできるバーチャルビューです。

これまでもGoogleマップでは、航空写真モードで街を上から見下ろすことはできましたが、街を歩いているかのような視点でも見ることができるようになりました。

カメラマークのある地域(青で囲まれた範囲)がストリートビューに対応
関東・関西の首都圏の他、札幌・小樽・函館・仙台に対応地域が見える
Googleマップ・2008年8月13日時点の対応地域


札幌市を観光してみる

私は札幌にはまだ行った事がないので、Googleマップのストリートビューで市内をドライブし、観光気分で時計台などを見てみたいものです。

札幌~小樽まで、薄い青で囲まれた部分をストリートビューで眺めることができる
札幌市~小樽市

では早速。
札幌といえば最初に思い浮かべるのはやはりコレでした。
観光パンフレットでは時計台部分の写真しか見れませんが、Googleマップなら360度回転しながら周囲も眺めることができます。
回転は左上のボタンからでもできますが、写真をドラッグすることで左右・上下に回転させることができます。

札幌市を代表する観光スポット「時計台」。観光客らしき人の姿も見える
時計台


札幌市をドライブしていたら東京タワーのような大きな搭があってびっくり。
「さっぽろテレビ搭」です。
さっぽろテレビ搭


今度は路面電車とすれ違いました。
青と白のボディのものと、向こうのほうに停車している赤いボディの電車が見えます。
札幌にも路面電車があったんですね。
路面電車


ビュー内での移動は道路上に表示されている矢印を何度も押さなければいけないので長距離の移動は時間がかかりますが、押した直後にすぐ次の画像が表示されるのでストレスは感じません。

都内の道路だとかなり細かい道路まで入っていけるのですが、札幌市内だと大きな道路に限られているようです。

路面電車のレールを追いかけていって、市内観光に興じるのも楽しそうですね。
(レールが見えるだけの解像度があるところも見逃せませんね)

2008年7月24日より、Gmailが常時httpsアクセスに対応しました。
設定画面から「常に httpsを使用する」を選択することですべての操作が暗号化され、ネットワーク上でメールの内容を盗み見られる可能性を少なくすることができます。

今まではGmailへのログイン時(メールアドレスやパスワード入力)のみ暗号化されていましたが、今後この設定をオンにした場合は、常時データ暗号化を有効にすることができます。

ただし、現在のところ一部のモバイル端末ではエラーが発生する可能性があり、不具合が発生した場合は使用を控えるようにとのことです。
また、常時httpsをオンにした場合は、使用しない場合に比べ、若干操作が重くなります。

常時httpsを使うための設定は、「設定」画面の「全般」タブ最下行、「ブラウザ接続」のチェックボックスで「常に httpsを使用する」を選び、「変更を保存」ボタンを押すだけです。

d080728a.jpg

公衆無線LANなどを利用してメールをやりとりする機会が多い人は、積極的に利用したい設定ですね。

関連リンク

複数のパソコンを快適に使いこなす(メール編・Outlook ExpressからGmailへの移行)


大きいファイルを送信したい。
今回はそんな用途にピッタリのサービスの紹介です。

前回紹介したファイル同期の方法は、ログオンさえしていれば複数のパソコンで自動的にファイルを送信しあいながら、常に同じデータを使えるようにしてくれるものでした。

仕事に使うドキュメントを複数のパソコンで共有させるのはもちろん、万が一パソコンが故障したときの保険として、自動的にバックアップしてくれるツールとしても使えるのではないかと思います。

しかし、そこまで強力でなくても、大きいファイルを送信したいという必要はあるでしょう。

たとえば、友達にファイルを送りたいけれど、1GB以上あるようなファイルだとメールに添付することもできないし、DVDやUSBなどに入れて送るのも面倒です。

そんなとき、登録不要で使えて、しかも無料のファイル送信サービスがあったら便利ではないでしょうか。
firestorageは、最大2Gバイトまでのファイルを誰もがユーザー登録不要ですぐに送信することができるサービスです。

保存期間は7日間と短いですが、相手がダウンロードしてくれるまで保存してくれればいいという場合は、かえってこの手軽さが便利だと思います。

「登録は不要。今すぐ使える」

firestorageは、容量無制限で無料のオンラインストレージです。
データをアップロードするとダウンロード用のURLを返してくれます。
あとはそのURLをコピー&ペーストでメールに書き、渡したい相手に送信すればいいだけです。

「1ファイルは2Gバイトまで。同時送信は20ファイル。最大40GB!」

送信可能なファイルの大きさは2Gバイトとかなり大きなサイズまで対応しています。
しかも2Gx20=40GBまで送信可能です。

「保存期間は12時間~7日間」

保存期間の設定は12時間~7日間の間で細かく設定が可能です。
多くの人が利用するサービスですから、必要以上に多く設定しないようにしましょう。

「さあ、使ってみましょう。」

1.まずはfirestorageのサイトにアクセスします。

2.「著作権侵害など違法なファイルではない」にチェックを入れます。
d080714a.gif

3.「アップロード」をクリックすると表示されるファイル選択ダイアログで送りたいファイルを選択します。
d080714b.gif

4.ファイルのアップロードが開始されます。
d080714c.gif


5.表示されたURLをメールなどにコピーして送りたい相手に送信します。
d080714d.gif


さらにファイルを送る場合は、「アップロード」をクリックすれば追加することができます。
ファイル選択ダイアログ上で複数選択が可能ですから、同じフォルダにあるファイルを同時にアップロードすることも可能です。

無料運用のためダウンロード用のURLには広告が表示されますが、非常に使い勝手のいいサービスですから、覚えておいて損はないと思います。

容量無制限の無料オンラインストレージ「firestorage」


本記事で紹介している「Folder Share beta」は、正規版「Windows Live Sync」として公開されました。「Windows Live Sync」の紹介記事はこちらです。

今回は複数のパソコンでファイルを自動的に同期する方法として、MicrosoftのFolderShareを使ってみましょう。

このサービスを利用すれば、メールに添付するには大きすぎるファイルをコピーしたりするのはもちろん、クロスプラットフォーム(Win&Mac)のファイル同期も自動的に行わせることができます。

ただし、FolderShareは同期させようとするパソコンの間でコピーをするだけでインターネット上にファイルを格納するようなことはしません。
したがって、ファイルの同期は、同期させようとするすべてのパソコンの電源がオンになっている必要があります。

仮に、自宅でデスクトップを使っているときはモバイル用のパソコンは使用せず、モバイルパソコンを使っているときはデスクトップの電源は常に切れている状態の場合は、FolderShareを使ってファイル同期はできません。

同期させたいときは両方の電源を入れるなど、工夫が必要ですね。

「FolderShareをインストール」

それでは早速FolderShareをインストールしてみましょう。

1.Windows Live FolderShare betaのサイトにアクセスします。
 (2008年7月11日現在、日本語には正式に対応していません。メッセージ等は英語表示。日本のファイル名は処理は出来るものの、表示は文字化けします。)
d080711a.gif

2.「Get started」ボタンを押します。
d080711b.jpg

3.Windowsバージョンか、Macかを選びます。
 (インストール時のブラウザはInternet Explorerを使用してください)
d080711c.jpg

4.以下のファイルのダウンロード警告が表示されたら、「実行」をクリックします。

d080711d.gif

5.以下のソフトウェア実行警告が表示されたら、「実行する」をクリックします。
d080711e.gif

6.Setup画面が表示されたら、「Next」をクリックします。
d080711f.gif

7.ライセンス同意の場合はチェックを入れ、「Next」をクリックします。
d080711g.gif

8.インストールが開始されます。
d080711h.jpg

9.インストールの完了画面が表示されたら、「Finish」をクリックします。
d080711i.gif

10.Windows Live FolderShareのサインアップ画面が表示されたら、「Sign up for a FolderShare account」をクリックします。

 (2008年7月11日現在、ここで表示されるアカウントは他のWindowsLiveサービスと共通ではありません。FolderShare独自のものです)
d080711j.gif

11.必要な情報を入力し、「次へ」をクリックします。
d080711k.jpg

12.インストールが完了しました。「Finish」を押して画面を閉じます。
d080711l.jpg

13.Windowsの場合、下記のようにシステムトレイにメッセージが表示されます。
d080711m.jpg

14.指示通りにシステムトレイにあるアイコンをクリックするとメニューが表示されますので、「FolderShare website」を選択します。
d080711n.gif

15.下記のようなFolderShareのメニューが表示されます。
 FolderShareの機能は、「個人で使う複数のパソコンでのファイル同期」「仕事仲間などとのファイル共有」「インターネットを通して別のパソコン内の全てのファイルにリモートアクセス」の3つです。
d080711o.jpg

「FolderShareを使ってみよう」

ここからはFolderShareの使い方の1つ。
個人のパソコンでのファイル同期「Personal Libraries」を使ってみましょう。

1.「Create your first pesonal library」をクリックします。
d080711p.jpg


2.自分のコンピュータを選びます。
d080711qa.jpg

3.同期させたいフォルダを選びます。
d080711qb.jpg

4.同期させたいフォルダを選択したら、右下の「Create library here」ボタンをクリックします。

d080711qc.jpg

ここからは同期させたい2台目のパソコンで作業します。

5.別のパソコンで「Windows Live FolderShare beta」のサイトを開きます。

6.サインインの画面が表示されたら、先ほど登録したE-mailアドレスとパスワードを入力して、「Sign in」をクリックします。
d080711q.jpg

7.サインイン後、右上の「Install FolderShare」をクリックして、FolderShareを先ほどと同様にインストールします。
d080711r.jpg
ここからまた1台目のパソコンで作業します。

8.先ほど同期させたいフォルダに指定したライブラリをクリックします。
d080711s.jpg

9.「Sync with a new computer」をクリックします。
d080711t.jpg

10.2台目のパソコンが表示されていますので、クリックします。
d080711u.jpg

11.同期させたいフォルダを選択します。
d080711v.jpg


12.1台目のときと同様のフォルダを選択します。
d080711w.jpg

13.「Sync library here」をクリックして確定します。
d080711x.jpg

14.同期方法を選択します。ここでは「自動同期」を選択します。
両方のパソコンがアクティブのとき、自動的に同期が行われます。
d080711y.jpg

15.ファイルのコピー中は拡張子が「p2p」となっていますが、コピー完了後に本来のファイル名になります。
d080711z.jpg

16.ファイルのコピーが進行しています。
d080711za.gif

「ファイル同期準備完了」

これでファイル同期ができるようになりました。
ファイルの同期コピーは両方のパソコンがアクティブになり次第自動で行われます。

ここではあえてデジカメの画像フォルダを選択してみましたが、このようなファイルサイズが大きく、しかもファイル数の多いフォルダを指定した場合は、コピーにかなりの時間を要します。
片方のパソコンがモバイルパソコンで2台のパソコンを同時に使うことが少ない場合は、それだけのコピーの時間がなかなか取れないかもしれません。

同時利用の時間などを考慮しながら、同期させるフォルダをうまく選択して運用できれば、とても強力なツールになりそうですね。

Windows Live FolderShare beta サイト


前回の記事で「パソコンの消費電力を上げずに処理能力をアップさせる」という視点でセキュリティソフトを紹介したところ思いのほか好評でした。

「各社のセキュリティソフトの信頼性」

ウィルスなどの脅威をスキャンしてくれるセキュリティソフトは数多くありますが、それらの全てのセキュリティソフトが共通して見つけられるウィルスってどのくらいあると思いますか?

言い換えると、あるひとつのセキュリティソフトでは見つけることができたけど、その他のソフトでは見つけられない確率です。

疑わしいソフトを解析してくれるサービス「VIRUS TOTAL」では、疑わしいと特定されたファイルを30以上のセキュリティソフトでオンラインでスキャンしてくれるサイトで、毎日数万件の利用があります。

このサイトでは過去24時間以内にスキャンされたファイルの統計を公開していますが、このデータを見るととても面白ことが分かります。

たとえば、日本でG8サミットが開催される2008年7月7日のデータでは、送られてきた22,005のファイルのうちの約70%に当たる15,973のファイルが感染していました。

そのうち、全てのアンチウィルスエンジンが発見できたものはたったの1%未満。
99%以上の感染ファイルが、どれかのセキュリティソフトで見逃されていたことになります。

VIRUS TOTALの統計画面:1つ以上のアンチウィルスエンジンが見逃していた感染ファイルが多いことが分かる。
d080707b.jpg

「どのセキュリティソフトに投票しますか?」

価格・知名度・更新料など、セキュリティソフトを選ぶときのポイントは多々ありますが、どのセキュリティソフトを選ぶかは、あなたがそのセキュリティソフトに対する一票を投じることになります。

あなたが軽いセキュリティソフトに投票すれば、パソコンのスペック(消費電力)を上げずにエネルギーの効率運用を推進しようとするサポーターになるわけです。

あなたが検出率の高いセキュリティソフトや、他にない特徴を持ったセキュリティソフトに投票すれば、その機能に追いつき追い越そうとする他の会社の刺激になります。

「PC WORLD 100 BEST PRODUCTS of 2007」に選ばれた上記の「VIRUS TOTAL」でも、「ウィルスやマルウェアを100%検出するための解決策は何もありません」と明言されています。
100%安全という宣伝文句があるとしたら、それは信用できないということです。

「VIRUS TOTALの特徴」

d080707a.jpg

紹介が遅れました。
以下、VIRUS TOTALの特徴です。

・無料で利用できる。
・オンラインで利用できる。
・複数のアンチウィルスエンジンでスキャン。
・各社のアンチウィルスエンジンからの結果を表示。

ただし、このサービスは、"特定のファイル"をアップロードすることでスキャンを行います。
つまり、どこからかメールで送られてきた疑わしいファイルをアップロードしたり、自分のパソコンでウィルスと検知されたが隣の席の違うウィルスソフトがインストールされたパソコンではウィルスとして検知されなかった場合など、ある特定のファイルが感染しているかどうかを確認するために利用できます。

関連リンク

VIRUS TOTAL 無料オンライン ウィルス/マルウェア スキャン



d080630a.jpg
情報セキュリティの知識を遊びながら学べるゲームソフトの紹介です。

IPA(独立行政法人・情報処理推進機構)がリリースした、ゲーム形式でセキュリティを学べる「安全なウェブサイト運営入門」をプレイしてみました。

シナリオの途中でプレイヤーがクリックした選択肢に沿って展開が変わり、最後に用意された6段階のエンディング(評価)が表示されるアドベンチャーゲーム形式。

全部で7つの章に分かれていて、章が終わるごとに詳しい予備知識を画像付きで説明してくれるセクションに飛ぶこともでき、遊びながらセキュリティに関する知識を得ることができます。

シナリオは、輸入雑貨を取り扱う企業がネットショップを開くことになり、あなたはそのプロジェクトを進めるリーダーとなって準備や運営を行うというもの。

第1の事件「電子メールの誤送信」

サーバーやセキュリティについて何の知識もなかった主人公が、書店でネットショップについて書かれた本を買ってくるところから始まっています。
僕も以前、ネットショップに興味を持ち、本屋さんで本を選びながら「どれがいいかな?」と悩んだ経験があったので、かなり感情移入できました。
電子メールは誰もが使うツールなので、ここで起こる事件は既に経験したり、あるいはしそうになったことがある人が多いのでは?

d080630b.jpg


第2の事件「
クロスサイト・スクリプティング」
第3の事件「SSL(Secure Socket Layer)サーバ証明書の期限切れ」

この辺になると、実際にホームページやネットショップを運営したり、これから始めようと思っている人じゃないと身近な問題として感じられないかもしれませんね。
クロスサイト・スクリプティングとは、本物のサイト上に偽のサイトが表示されてしまう問題のことです。
もしよく分からないようなら、ざっとプレイして次に進める感じでもいいと思います。

d080630c.jpg


第4の事件「ウイルス感染」

これはパソコンを使っている全ての人に関係のある事件です。
Windows Updateなどを使って常にOSを最新の状態にしていない上、セキュリティソフトを入れずにネットに接続すると、約5時間でウィルスに感染するという実験結果もあるそうです。

d080630d.jpg


第5の事件「サービス運用妨害 (DoS: Denial of Service)」

サーバーに過負荷をかけてサービスを停止させたりレスポンスを悪くさせたりする攻撃です。
時々ネットニュースなどで見かけますね。
ターゲットになるのは多くの人が利用する検索エンジンやネットショップ。あるいは企業内にこうした攻撃をするウィルスをメールなどを通して感染させるといったことがあります。

d080630e.jpg


第6の事件「セッション管理の不備」

いわゆる「なりすまし」アクセスによる、ユーザーアカウントの不正使用がテーマです。
ユーザーアカウントを持っている側では防ぎようのない分野ですので、ショップ側などでの対応が求められます。

d080630f.jpg


第7の事件「SQL(Structured Query Language)インジェクション」

こちらも大きな事件に発展してニュースになることのある問題です。
ネットショップのショッピングカートなどに入力された情報を処理するプログラムのミスが主な原因ですが、フリーで配布されているカートスクリプトなどにもこの問題を含んだものがあります。

d080630g.jpg


「プレイにかかる時間は?」
シナリオをプレイして補足事項をざっと見通すだけなら7章までのプレイ時間は1時間半~2時間ほど。
ウェブサイト運営者だけでなく、一般のネット利用者も知識をつけておくことで被害を未然に防ぐことができるかもしれません。
このゲームはIPAのサイトから無料でダウンロードすることができます。

安全なウェブサイト運営入門 - 7つの事件を体験し、ウェブサイトを守りぬけ! (IPA)



パスワード管理はとてもやっかいなものです。
本当は頭の記憶装置に保存しておくのが一番安全なのでしょうが、インターネットを使えば使うほど会員制サイトのID+パスワードの組み合わせは増えるばかり。

そこで私はいくつかのパスワード管理ソフトを比較して、現在は「ID Manager」を利用しています。

ID ManagerはWoodenSolderさん作のフリーソフトで、フリーのパスワード管理ソフトの中でも特に有名なもののようです。
OSはWindows XP/Vistaに対応しています。

一部の有料ソフトと違ってIDとパスワードのブラウザ上での自動入力には対応していませんが、ID入力フォーム部にカーソルを置いた後、貼り付けを選択することで半自動入力が可能です。

ID Managerの主な特徴は以下のとおりです。

・タスクトレイから登録したサイトを開いたり、ID+パスワードを入力したりする操作が可能。
・情報は暗号化して保存される。
・アプリケーション起動はパスワードで保護される。
・USBメモリーにアプリケーションをインストールして持ち歩くことが可能。
・ホームページスペースを持っていれば、FTP経由でデータを保存・共有する機能を持つ。
・登録最大件数は10,000件


上記のような特徴がある中で、「手軽なわりに高機能」「セキュリティ面への配慮」などを考慮して、私はID Managerを使用しています。

現在、このソフトで管理しているID+パスワードは40件以上。
いつの間にか、このソフト無しではいられない状態になっています。

以下、ID Managerの特徴を解説します。

・タスクトレイから登録したサイトを開いたり、ID+パスワードを入力したりする操作が可能。

あなたがInternet Explorerを使っているにしろFirefoxを使っているにしろ、パスワードはブラウザに記憶させることができます。
しかし、複数のブラウザを使いわけている場合はそれぞれのブラウザ毎にパスワード管理するのは大変だし、まして複数のパソコンを使う必要のある人にとっては不便です。
ID Managerのようにタスクトレイから操作できるパスワード管理ソフトなら、どのようなユーザーにも対応が可能です。

登録したサイトをブラウザで開いたり、ID+パスワードの入力操作がタスクバーでできる。
d080621b.jpg


・情報は暗号化して保存される。

大切なパスワードを管理する以上、情報は安全に保存される必要があります。
暗号化には実績のあるシステムが使われています。

・アプリケーション起動はパスワードで保護される。

アプリケーションの起動はパスワードを必要とします。
これは、他人に自分のパスワード情報を知られないための唯一のキーです。
あなたは最初にパスワードを入力するだけで、他の会員制サイトの入力についてはID Managerがやってくれます。

・USBメモリーにアプリケーションをインストールして持ち歩くことが可能。


ネットカフェなど外出先でも使いたい場合は、USBメモリーで持ち歩くのも良いでしょう。
前回紹介したUSBメモリー付属のソフトは1年間のみ無料ですが、こちらを利用すればずっと無料で使用することができます。
ただし、こちらの方法ではUSBメモリー内に情報を保存するのに対し、前回紹介したソフト(サービス)は専用サーバー上にデータを保存しています。

・ホームページスペースを持っていれば、FTP経由でデータを保存・共有する機能を持つ。

USBメモリーを使う以外にも複数のパソコンを快適に使いこなす(データ共有・オンラインストレージ編)で紹介したオンラインストレージを使う手もあります。私自身もマイキャビをネットワークドライブにして共有していました。

しかし、最近はID Managerに標準装備されているFTP経由での保存・共有に切り替えました。
こちらのほうが、一度FTPサーバーの設定をしさえすれば簡単だということに気づいたからです。
マイキャビをネットワークドライブにして使う場合は、OSにログオンするたびにネットワークドライブ用のパスワードを入力しなければならないため、一手間増えてしまうのです。

ID ManagerのFTP共有機能を使えば、ボタンひとつでアップロード・ダウンロードが可能です。
普段は更新したらアップロード、ログイン時にはダウンロードという操作をすれば、複数のパソコンを使う場合でもデータは常に最新の状態で使うことができますね。

FTPアップロードボタン。ダウンロードボタンは起動時の画面に表示される合理設計。
d080621c.jpg


・登録最大件数は10,000件

フリーのパスワード管理ソフトでは「何件以上は有料」としているものが少なくありません。
ID Managerはこうした制限はなく、10,000件までのアカウント管理に対応しています。

ID Managerのダウンロード(作者のサイト)


モバイルノートパソコンを手に入れて以来、"どのパソコンでも快適に作業したい"という野望が急ピッチで進められています(笑)
自宅のデスクトップでも、外出先のモバイルノートパソコンでも、はたまたインターネットカフェや友達のパソコン(?)でも同じように作業ができるとしたら、こんなに便利なことはありません。

Pocket PCなどのPDAを使ってる人は、クレードルを使ってパソコンとデータをシンクロさせた経験があると思います。
パソコンの電源を入れ、クレードルにPDAを乗せると転送ソフトが立ち上がり、Outlookのメールやスケジュールのデータが同期される。。。

PDAと違って、パソコンの場合は扱うデータの種類も多いのでそれほど簡単にはいきません。
いろんな工夫をして簡略化をしたとしても、毎日のことだとそれも飽きてしまいます。

人間というのは、ひとつ手順が増えただけでもすぐに嫌になってしまうのです。

「ネットにデータを置けば解決すること」

ワードやエクセルで作成した文書を別のパソコンに移す場合、その文書ファイルをUSBメモリなどで持ち歩く必要があります。
また、移動先のパソコンにもオフィスソフトがインストールされていなければ、その文書を開くことができません。

こうした問題を一気に解決するのがGoogle Documentです。

「Google Documentが対応しているファイル形式」

Googleドキュメントは、Webアプリケーションです。
Internet ExplorerやFirefoxといったブラウザ上で、ワードのような文書を作成したり、エクセルのようなスプレッドシートを作成したり、パワーポイントのようなプレゼンテーションを作成できます。

読み書きできるファイル形式はMicrosoft Office形式だけでなく、Open OfficeやHTMLなどに対応しています(PDFもプレビューや共有のみですがアップロードしておくことが可能)。Googleドキュメントで作成した文書は、誰もが閲覧できるファイルとしてローカルにも保存できるわけです。
また、作成したプレゼンテーションファイルは他の人を招待してネット上でチャットをしながらプレゼンテーション会議が行えます。
文書もスプレッドシートも、共同作成者をメールアドレスで招待してチャットを使って意見の交換をしながら文書を完成させることができます。

このように、ハードディスクやUSBに保存されているファイルと違い、さまざまな人を招待して共同作業を行ったり、ネット上に公開したりすることが簡単にできることがGoogle Documentの強みなんです。

私自身は企画をまとめるときにスプレッドシートで考えをまとめたりポイントを比較したりすることが多いのですが、思いついたときにどのパソコンかを意識することなく知的生産作業を進めることができるので、この環境を早くも気に入っています。


Google Documentのファイル閲覧画面。
ここからローカルのファイルをアップロードしたり、既存ファイルを開いたりすることができる。

d080609a.jpg


スプレッドシートの編集画面。
様々な機能がツールバーに並ぶ。

d080609b.jpg


プレゼンテーションの作成画面。
テーマの変更や画像・動画の挿入。プレゼンテーションの開始などを指示する。

d080609c.jpg


プレゼンテーション会議の主催画面。右側に参加者の名前が表示される。
d080609d.jpg



関連リンク
Google ドキュメント
複数のパソコンを快適に使いこなす(データ共有・オンラインストレージ編)
複数のパソコンを快適に使いこなす(メール編・Outlook ExpressからGmailへの移行)
複数のパソコンを快適に使いこなす(ブックマーク同期編)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち無料サービスカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは期間限定です。

次のカテゴリは複数パソコン快適活用です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。