カレンダー

« 2008年9月 »123456789101112131415161718192021222324252627282930

2008年9月アーカイブ

後日談あれこれ

|
あれが欲しい。
これを買ったよ。
いいね、コレ。

そんなブログ記事を読み、「その後どうなったの?」と知りたいことがよくあります。

「そんなに欲しかった商品、3ヶ月経った今でも欲しいの?」
「その後ずっと使い続けて、不便に思ったこととかないの?」

人のことをとやかく言う前に、自分の書いた記事の後日談をチョロっと書いてみようと思い立ちました。
「あの時」の自分と「今の自分」のめぐり合いです(笑)

ドラマチックな出会いになるのでしょうか?

では早速スタート。

d080928a.jpgLUMIX 「DMC-G1」の魅力

本体重量385gのデジタル一眼レフカメラが誕生しました。
14-45mm/F3.5-F5.6の標準ズームやバッテリー&メモリーカードを含んでも635gと、レンズ一体型デジタル一眼レフと比較しても軽量な部類に入る軽さを実現しています。

この軽さを実現しているのは、レンズ交換型一眼レフには必ず付いているミラーを無くしたミラーレス構造です。

一眼レフカメラとは、その名の通りレンズに写っている実際の映像をファインダーでそのまま見れることが特徴です。撮影の瞬間、ミラーがポップアップし、ファインダーに写っていた映像がCCDに送られて撮影ができるのです。

LUMIX 「DMC-G1」では、このミラーを無くし、CCD(G1ではCCDに代わってより高画質低消費電力なLive MOSセンサーが採用されている)に写っている映像を電子ビューファインダーで撮影者に見せることでミラーレス構造を実現しました。

実像ファインダーでは、レンズに写っている実際の映像以外に、フォーカスポイントやフォーカシングスクリーンなど様々な映像を重ね合わせるために複雑なレンズ構造が必要となり、それにつれてボディが大型化されますが、LUMIX 「DMC-G1」ではそれらをすべて排除したことで、最小最軽量なデジタル一眼レフとして誕生しました。

tx2505/CT
当サイトでの人気記事のひとつである「HP Pavilion tx2105/CTをちょっと使ってみた感想」で紹介していたHP Pavilion tx2000シリーズの秋冬に向けた新モデル、tx2505/CTがHP Directから購入できるようになりました。

SSL非対応だから信用できません!

先日、運営している商用サイトのお客様からこんな問い合わせがありました。

「正直、御社のサービスはログイン画面がSSL対応でないので、いつ誰にバレるかと不安です。」

20代の女性からの問い合わせでした。
相談サービスの利用が知り合いに知れることを心配されていました。

商用サイトでは、住所やクレジットカード情報を入力する画面がSSL対応となっているのは今や当たり前なのですが、私の提供しているサービスではそのような情報を入力することはなく、SSL非対応であることを特にマイナス点だとは思っていませんでした。

ですから、このような問い合わせをいただいたことに驚いたものです。

d080925a.jpgLet's Noteシリーズ全モデルのナンバーがついに「8」となる、2008年・冬モデル。

モデル一覧が、Y7 W7 T7 R7 となっていたものが、
Y8 W8 T8 R8 となっているのを見るのはなかなか気持ちがいいです。

さらに、今回は見慣れないものがひとつ・・・

「F8」

なんですか?
F8って。
右の写真のモデルみたいなんですが。

d080920a.jpg「宅配ドミノピザをネットで注文」

ときどき無性に食べたくなるものといえばピザ。

「ときどき無性に食べたくなるもの」と書いたら「ラーメン」が思い浮かんだんですが、よく考えたらそれは僕が食べたくなるものじゃなくて矢野顕子さんの曲の歌詞。
あらためて矢野さんのパワーを思い知りました。

彼女って小さいころから、その日学校であったことを歌にしてお母さんに聞かせていたりしたんですよね?

僕も毎日奥さんにブログで今日の出来事を報告したら、ブログを書くのが上手くなるのかな?


d080906a.jpg先日、いつものカラオケ店で歌の練習をしていたら、手持ちのICレコーダーのバッテリーが切れてしまいました。

まだ大丈夫だろうと油断していて充電してこなかったのですが、CD並みの高音質で録音できるPCM録音だと、意外とバッテリー消費が早いのです。

しかしたまたまその日はPCを持っていたので、USBから充電を試みることにしました。
最近購入したこのICレコーダー(ICR-PS285RM)は、USBから直接充電できることを思い出したからです。


UH-1J 後部UH-1Jは、富士重工業が陸上自衛隊向けに1962年から現在に至るまで改良を続けながらライセンス生産を続けている、輸送を主な任務とした中型ヘリコプターです。

信頼性の高さから大量生産され、今も多くの国で現役で使用されています。

UH-1Jは13人乗り(パイロット2名を含む)ですが、体験試乗した機体は燃料タンクが増床され、パイロットを除いて9名までの乗車定員となっていました。

巡航速度180km(最高速度230km)は、JP-4(通常のジェット燃料)を燃料とする1800馬力の単発エンジンによります。

d080910a.jpg当サイトでも7月にベータ版のテストを行ったノートン2009が発売になりました。

ベータ版の時点から実現されていたノートン2009の軽快な動き、仕事やゲーム・映画鑑賞を邪魔しないサイレントモードなど、各サイトのレビュー記事でも取り上げられていたポイントがそのまま搭載されて今回製品版として登場しました。

さらに、これまで通りパソコン3台まで利用可能なので、複数台のパソコンを所持している方や、家族所有のパソコンにもインストールが可能です。

インストールすると重くなるソフトのベスト10に必ず顔を出していたノートンが、今回の2009でランキングに登場しなくなると思うと嬉しいような寂しいような(笑)

今なら10月31日(金)までの期間限定で「ノートンで宇宙へGO!」なるキャンペーンが実施されています。

ノートンで宇宙へGO!~無重力体験~

世界でたった1人に当たる「宇宙体験旅行」や、飛行機で大気圏無重力体験など。
購入者または応募者全員にチャンスがある抽選が用意されています。

高度100kmからの景色はほとんど宇宙空間。
地球が球体であるという感覚や、地球の裏側にもあっという間に到達できるような感覚が味わえる宇宙弾道飛行。

自分には関係のない話かと思っていましたが、応募するだけでチャンスが得られるなら私も早速登録しておくと思います。

ノートンで宇宙へGO!~無重力体験プレゼント~
↓↓↓応募はこちら↓↓↓
ノートン2009シリーズ新登場!

関連リンク:
ウィルス対策ソフト 比較・クチコミ

久しぶりに表参道に行きました。

「たしかこの辺だよな~」

と記憶をたよりに探したカフェが見つからず、軽い食事を取りながら仕事でもしようという計画が崩れてしまいました。

休日には人の波で歩くこともままならない表参道も、平日の夕方はそれほどでもありません。

神宮前交差点の一角で、ディスプレイを覗くことにしました。


d080905a.jpg子育てママに優しい
「若葉ケヤキモール」


先日、我が家の子育て中ママを自宅から送り、帰りの時間まで仕事の続きをしようと「若葉ケヤキモール」にお邪魔しました。

ちょうどスーパーでの買い物や書店での資料の物色など、様々なものが揃っているケヤキモールで用を済ませたかったので、ちょうどよいタイミングです。


d080903a.jpg以前の記事「イーモバイルを月額版で使う」で紹介した@nifty MOBILE BBを申し込みました。
申し込み後、約1週間でイーモバイルの例のブラックボックスが届きました。

この黒い箱が結構フォトジェニックであると思った私は、早速デジカメを持ってパチパチ撮影をはじめました。

サワサワとした肌触りの箱表面を撫でていると、なんとも言えない心持ちになってきましたよ。

早速ブラックボックスの中身を確認してみます。


「パソコン環境快適生活」掲載記事の2008年8月度(8/1~8/31)の人気ランキングです。

USBワンセグチューナー GV-SC300

d080901a.jpg d080901b.jpg

残念ながら当方所有の2台のパソコンで試しましたが、試聴することができませんでした。

私も元エンジニアで企業のヘルプデスクでも働いていましたので、世に出る製品の全てが十分なテストを行った上で発売されるわけではないことを知っています。

店頭に並ぶGV-SC300のパッケージは非常に高級感があり肌触りもいい紙パッケージを使用しており、日本人ユーザーの心をよく掴みます。

しかし、製品自体の質感はパッケージとはまるで逆で、プラスチックケースの中は中身が入っていないのではないか?と思わせるほど軽く、不安を抱かせるものでした。

バッファローやロジテックの同様の製品と比べて付属アンテナは非常に小さくて軽く、試聴には家庭のTVアンテナ接続が必要になることが前提になっているのか、あるいはユーザーが基地局に近いエリアにいることを想定して開発されたもののようです。

GV-SC300発売元のアイオーデータでは、30日間お試し可能という名のシステムを採用しており、ユーザーの協力の上で製品の改良・開発を行っていく体制のようです。




USBワンセグチューナーは、現状ではこちらをおすすめしておきます。
BUFFALO 高感度版ちょいテレ USB2.0用 録画データのムーブ対応ワンセグチューナ DH-KONE/U2V


このアーカイブについて

このページには、2008年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年8月です。

次のアーカイブは2008年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。