カレンダー

« 2011年10月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

複数のセキュリティソフトで疑わしいファイルをスキャンしてくれるサービス

|
前回の記事で「パソコンの消費電力を上げずに処理能力をアップさせる」という視点でセキュリティソフトを紹介したところ思いのほか好評でした。

「各社のセキュリティソフトの信頼性」

ウィルスなどの脅威をスキャンしてくれるセキュリティソフトは数多くありますが、それらの全てのセキュリティソフトが共通して見つけられるウィルスってどのくらいあると思いますか?

言い換えると、あるひとつのセキュリティソフトでは見つけることができたけど、その他のソフトでは見つけられない確率です。

疑わしいソフトを解析してくれるサービス「VIRUS TOTAL」では、疑わしいと特定されたファイルを30以上のセキュリティソフトでオンラインでスキャンしてくれるサイトで、毎日数万件の利用があります。

このサイトでは過去24時間以内にスキャンされたファイルの統計を公開していますが、このデータを見るととても面白ことが分かります。

たとえば、日本でG8サミットが開催される2008年7月7日のデータでは、送られてきた22,005のファイルのうちの約70%に当たる15,973のファイルが感染していました。

そのうち、全てのアンチウィルスエンジンが発見できたものはたったの1%未満。
99%以上の感染ファイルが、どれかのセキュリティソフトで見逃されていたことになります。

VIRUS TOTALの統計画面:1つ以上のアンチウィルスエンジンが見逃していた感染ファイルが多いことが分かる。
d080707b.jpg

「どのセキュリティソフトに投票しますか?」

価格・知名度・更新料など、セキュリティソフトを選ぶときのポイントは多々ありますが、どのセキュリティソフトを選ぶかは、あなたがそのセキュリティソフトに対する一票を投じることになります。

あなたが軽いセキュリティソフトに投票すれば、パソコンのスペック(消費電力)を上げずにエネルギーの効率運用を推進しようとするサポーターになるわけです。

あなたが検出率の高いセキュリティソフトや、他にない特徴を持ったセキュリティソフトに投票すれば、その機能に追いつき追い越そうとする他の会社の刺激になります。

「PC WORLD 100 BEST PRODUCTS of 2007」に選ばれた上記の「VIRUS TOTAL」でも、「ウィルスやマルウェアを100%検出するための解決策は何もありません」と明言されています。
100%安全という宣伝文句があるとしたら、それは信用できないということです。

「VIRUS TOTALの特徴」

d080707a.jpg

紹介が遅れました。
以下、VIRUS TOTALの特徴です。

・無料で利用できる。
・オンラインで利用できる。
・複数のアンチウィルスエンジンでスキャン。
・各社のアンチウィルスエンジンからの結果を表示。

ただし、このサービスは、"特定のファイル"をアップロードすることでスキャンを行います。
つまり、どこからかメールで送られてきた疑わしいファイルをアップロードしたり、自分のパソコンでウィルスと検知されたが隣の席の違うウィルスソフトがインストールされたパソコンではウィルスとして検知されなかった場合など、ある特定のファイルが感染しているかどうかを確認するために利用できます。

関連リンク

VIRUS TOTAL 無料オンライン ウィルス/マルウェア スキャン




記事ピックアップ



HPパソコンレビュー

ThinkPad X200 Tabletの実機を見てきました
ThinkPad X200 Tablet

ThinkPad X200 (ThinkPad vs Zippo)
ThinkPad vs Zippo?

RICOH GX200 愛されて憎まれる本格カメラ
RICOH GX200

FORIS.HD x C@T-oneが作るプライベートなアート空間
FORIS.HD C@T-one

日経ネットマーケティングの気になる中身
日経ネットマーケティングレビュー

ノートPCスタンド
ノートPCスタンド